2017年10月18日

時代の終わり

1世紀を超えて生きた祖母が亡くなった。
久しぶりに親戚一堂に会す。
右を見ても左をみても目の保養。
自分にかけられた呪いを思い知る。
世間一般ではそこそこ美人といわれる自分が、ひっそりと息をひそめる。

お金やら愛やら権威を価値観の第一に置く人もいるだろうけれど、私は違う。
私が最も重要視する価値は美しいこと。
貧乏は不幸という価値観を持っている人も世の中にはいるだろうけれど、私の場合は美しくなければ不幸という価値観を背負っている。そのことに気がついたのはわりと最近のこと。
不細工に生きる価値はないと無意識のレベルで思っている。
それは多分こういう環境で育ったことが大きかったんだろう。
この価値観を変えたいと思いながら、潜在意識まで刷り込まれたものを変えることの難しさはよくわかっている。
外見にコンプレックスを持たない人と結婚し、子供もそのように育ててきた。
見た目にこだわらない人といると、自分が心から息ができるような自由がある。
私の見た目を気にしない人といると心から安らげる。
だから旦那やはるちといるとラクで寛げるのかと今気が付いた。

それでも、私ははるちを本当に愛しているのかと自問することがある。
たまたま美人に生まれたから可愛いのだろうか?
もし不細工な子だったら今と同じ気持ちで愛せただろうか?
それでは条件付きの愛情そのものではないか。

なんとかしなければと思いながらも今回また美しさこそすべてという認識を新たにしてしまった。
そのくらい、幼少期に植え付けられた呪いは、深い。
では何を価値観の第一に置くのか?その代わりになり得るものがない。


と思う一方で、外見第一主義の価値観を根底に持ったからこそ得たものもある。
目から得られる情報を嗅ぎ取るために全神経を研ぎ澄ます。
今の職場で人を見る目は誰よりも優れていると言われるのは多分そこから来ている。
むしろ人はこんなにも他人のことを見ていないのかと驚く。
もの言えぬ人からどれだけの情報を得られるか?ある種歪んだ価値観を持つ自分だからこそできることもある。

posted by みおぴん at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

一足遅い

恋するフォーチュンクッキーを練習しておけばよかった。
何か一芸持っているというか、披露できる特技がある人がうらやましい。
ということはつまり、特にとりえのない自分に満足していないということか。

約2か月ぶりに姉に会ったら「どちら様ですか?」と言われた。
顔を特にどうこうしたわけではないけれど、こないだまでとまったく違う顔になってしまった。
多分雰囲気もすっかり変わってしまったんだろう。
毎日会っている家族や職場の人は違和感気づいていないかもしれない。
クイズ番組にある、どこが変わったでしょうか?を思い出す。
ふと思えば、3年前とはまったく別の人生を歩いている自分。
連続性が途切れたわけではないけれど、別人の人生のようだ。
けれど、何一つ変わっていないとも思う。
あの時の思いはここにつながっていたのか。とパズルのように当てはまっていく。
今やっていることがいつか別ものに生まれ変わる日がくるのだろう。


仕事を始めてからのマイブームは安全靴。ゴツイところがストライクすぎる。
次は静電仕様をゲットしたい。
なんてどうでもいい話が意外なところにつながったりする可能性だってある。
posted by みおぴん at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

誰?的な

今年2月に撮った写真が出てきたけど、これ誰?レベルで別人だった。
目も鼻も髪質も顔の輪郭もまったく違う。
写真写りのせいかと思ったけど、写真で比べても同じ人物だと思う人はいないだろう。
どうしてこうなった。

posted by みおぴん at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

何年振りかで

そんなに自分を傷つけないで
そんなに自分に義務を課さないで
そんなに自分を追い詰めないで
そんなに自分を決めつけないで
そんなに自分に押し付けないで

なんでそんな残酷なことを自分に対してしてるの?
乗り越えなければならない課題なんでない
ただ生きていればそれでいいのだから
そこに存在しているだけで十分だから
だから自分を大事にして
もっと可愛がって
許してあげて

と言われたような気がする


posted by みおぴん at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

秘儀!何もしない

無事手術が終わって、当日は何も食べず何もせずひたすら寝るだけ。
24時間経ってから食事は果物だけ。ありがとう、すいか。美味いよ、すいか。

何もしないのが仕事ってことでひたすら何もしない。ほぼ寝て過ごす。
というか、傷を作ってしまうと自然と食欲もなくなり身体中が傷を治すことに全力を尽くすのがわかる。
そのおかげか医師がびっくりするくらい驚異的な速さで腫れが引いていく。
大きく変わってしまった部分について、容姿にコンプレックスを持たない二人は「別にお母さんはお母さんだから」とどうでもいい様子。
気にしていたのは自分だけだったんだなあ・・・
ただの自己満足。でもいい。

いいタイミングでいい医者が見つかり、いいタイミングで休みが取れた。こういう時は必ずうまくいく。
そろそろ普通に食事をしてもいい感じ。
「これ食べたい」と思うものを食べる生活。
肉体を持っているうちに美味しいものを食べておきたい。
そうは言ってもかなりの偏食に変わりはないけれど。


posted by みおぴん at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

9月1日

学校に行かなくてもいい。
という風潮が去年くらいから広まりつつある。
それは強者の理論で、ずいぶん上から目線で現実味のない発言に聞こえて仕方ない。
成功した著名人や芸能人が言ったところで、何の希望にもならない。
学校に行かない生き方例をもっともっと提示してくれないと、安心して行かない選択ができない。

実際には、学校に行かなくても生きていけるしお金を稼ぐ方法はあるし迷う必要はないわけだけど、そういうことは学校では教えてくれない。
生きていく知恵を教えられないまま学校に行かない選択をしろという無責任さ。

学校を休める選択ができた子は強い子だ。
社会と戦うのは大変なことだから。

posted by みおぴん at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

死と再生

昨年夏に引き続き、来週手術を受けることになった。
どちらも形成の命にはかかわりのない、やってもやらなくてもいいような手術だけど、身体にメスが入るというのはなかなかないことで調べてみたら、Nの太陽にT冥王星がオポの時期に来てた。

生まれつきのコンプレックス的部分の修正で、この歳でいまさら?ではあるけれど、突き動かされる衝動と休みのタイミングがバッチリ合って、そういう流れの中にいることも感じていた。
手術というと火星的だけど、何故冥王星?


生まれつきのパーツの修正ということで、それはある意味「死と再生」を意味するのだろう。
何十年も過ごしてきた体を作り変える。
長年コンプレックスとして抱えていた部分の死。
やろうと思えばいつでも出来たにもかかわらずそれは簡単なことではなく、冥王星のパワーを必要としたのだろう。
人生の転換期ともいわれる時期だけど、こういう使い方で昇華させるのはすごくポジティブではないか。
専業主婦をやめた時。結婚した時。
意識しなければ何事でもない人生の一コマだけど、転換期には必ずタイトに関わる冥王星の影響があった。
↑私の場合
この先も上手く使えたらいいなあと思う。


水瓶座ステリウム持ちのはるちの人生は今後どうなるんだろうか?

posted by みおぴん at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

美人のホロスコープ

実家に帰省した時、妹の母子手帳が出てきたんでホロ出してみた。
美人3姉妹と言われる中、モデルばりのダントツ美人。
都会に行けばその辺で見かけるレベルかもしれないけれど、集団に決して埋もれない人を惹きつけるオーラを持っている。
美人は美人でもなんか地味で通り過ぎてしまう人と何が違うんだろう?

気になるアスペクトが冥王星と天秤アセンの合に太陽がスクエア←これ

旦那やはるちもそうだけど冥王星が効いてる人って目が離せないようななんとも言えない魅力を持ってる。
やっぱり妹もそうだった。
ライツや他の個人天体ともアスがあったりアンギュラーハウスにあったり。
美人ってのは顔のつくりだけではダメで、醸し出される雰囲気も大事なんだなあと思う。
むしろ雰囲気だけで美人なれる気がしてきた。

はるちの冥王星は1室で金星と合。月とソフトアス。
美人といえば金星も大事だけど、太陽と木星以遠の星にすべてアスペクト。
トランスサタニアンの影響が大きいんだろうけど、全部となるとどれが効いてるかわからない。
水瓶座ステリウムのせいか、水瓶座的外見。
アセンよりステリウムの方が見た目に影響している。
中性的。整いすぎて人間味がない感じ。

美人に生まれてくるのにも何か理由があるのだろう。
昔は美人に生まれただけで人生イージーモードだと思ってた。
私の価値観の中で人生を左右するほど外見というのは重要だ。
多分そういうのは一生変わらないだろう。

ちなみに私は水星土星の合に冥王星のスクエアがある。
自覚なく人を傷つける。
昔は無自覚だったけど、今は言葉には気を付けるようになった。それでもたまに出てしまう。
自分の言葉が人をコントロールできるのを昔から感じていた。
意識して人をどん底に突き落とすことも、どん底の人を引っ張り上げることもできる。
スクエアにしては上手く使えてる方だと思う。

posted by みおぴん at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

最近こんなん

去年から旦那とはるちが始めたマイナー競技ではるちは優勝、旦那は準優勝。
見に行けばよかった。
夏じゃなければよかったのに。


旦那が「最近日産の〇〇をやたらと見かける」
ああ、次にうちに来るのは日産の〇〇か・・・
多分半年以内に来るだろう。ナビとエアコンさえ付いてればなんでもいいや。


洗い物対策に26cmのお皿を買った。
主食もおかずも全部乗る。
あまりの快適さに感動。


この年にしてアニメが好きになるとは思わなかった。

posted by みおぴん at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

現在の認識

生まれる前に何を学ぶか、どんな経験をするかすべて決めている。
そのために最適な環境が選ばれる。
場所も時代も詳細に。
それは地球ではないかもしれないし、地球であったとしてもこことは違う地球かもしれない。
現在のルールや道徳がまるで通用しない世界かもしれない。
優秀な肉体かもしれないし、障害を抱えて生まれるのかもしれない。
わざわざ身体を持って体験するために生まれるのだから相当の覚悟があったはずだ。
なぜこの惑星なのか?
なぜこの時代なのか?
なぜこの家族なのか?
すべてに意味があった。
だからこそ心と身体を使って行動することの大切さ。
その計画書が出生図で、年を取るにつれてその意味が分かってくる。
ああ、確かに私が選んだわという実感がわいてくる。

世界は過去から未来に流れているわけではない。
同時にすべてが存在する。
それがようやくわかってきた。
運命を受け入れるのとはちょっと違う。
世の中色々あるけれど、結局のところ何事も楽しまなければ損。


posted by みおぴん at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

普通の日だった

誕生日プレゼント何が欲しい?と聞かれて、欲しいものがないことに気が付いた。
物欲がまったくないわけではないけど、もらって嬉しくないことも多いし。
物はいらないけど、1日何もしない日が欲しいっとリクエストした。
ここ数年、週1日はほぼ何もしない日になってたけど、まったく何もしない日!というのが欲しかった。
が。
結局朝から出かける二人の探し物したり、前夜に旦那が洗濯したものが洗濯機に放置されてるのに気が付いたりでこれじゃあいつもと変わらないことがなんだか悲しい。
もっとスペシャルな一日が欲しい。
ほんとになーんにもしなくていい一日が!!!!

こんなにも引きこもり体質なのに意外にも貧困とか子供を取り巻く環境とか社会的なことを考えたり仕事にしているのは南半球に星が多いからなんだろうなあと思う。
サビアン見てもそんな感じ。

子役やスポーツ選手もそうだけど、棋士も意外と小さい頃からの映像や写真があって面白い。
人間の顔がどう変化していくのか観察するのが楽しい。
特に将棋は中年以降になっても経過が終えるなあと最近気が付いた。
やはり内面の変化は外見に現れ隠しきれない。
心の目を持たない私は、人の内面をそういう風に読み取っていくしかないある種生きる知恵でもある。

posted by みおぴん at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

いまだ何もできない自分

画面の向こうに災害がある。
相変わらず何もできない。

何かするために頑張ってきたけど、それだけの力がない。
何もかもがいまだに中途半端。






posted by みおぴん at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

5年後また

免許更新に行ってきた。
古い免許証欲しいんですけど、と言ってもらって帰った。

ちょうど5年前だけど、雰囲気がだいぶ変わったなーと思う。
あ、大人になった。みたいな。決して老けたということではなく、余裕のある大人びた表情。
首も長くなったというか。
5年も経ったのだから色々変わったところはある。

私は昔から足が長いと言われてきたけれど、脊椎が極端に短くて相対的に足が長く見えるという錯覚に過ぎなかった。胴短長足。日本人離れした体形と言われる所以。
背骨が伸びなかったということは頸椎も同じで、だからアゴのすぐ下に肩のライン。しかもいかり肩だから上半身全体が詰まって見える体型。だった。
のだが。
今年の春くらいから首長くなーれとナデナデしていたら長くなっていた。

3K.jpg

そういえばポロシャツの一番上のボタン留めても気にならなくなっていた。
続ければもっと伸びるかもしれない。5年後どうなっているだろうか?


posted by みおぴん at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

Go east!再

修学旅行に行ったはるちが帰ってきた。
めちゃめちゃ楽しかったようで「また行きたい」を連呼している。
修学旅行ってそんなに楽しかったっけ?と自分の時を振り返るけれど楽しかった思い出は出てこなかった。
毎日つまらない顔をして学校に行く私を見て、もしかしたら親は辛かったのかなと思う。
勉強ができて友達もいて、でも窮屈で生きているのが嫌だった。
早く抜け出したくて仕方なかった。
今の時代の学校なら楽しいと思えるだろうか?いや、それはないな。

お土産にもらったキーホルダーを一目見て顔が歪む。
「子供が自分の為に買ってきてくれたもの」を喜べない。
こんなの趣味じゃない、とはさすがに口には出さないけれど、顔に出てしまう。
買ってくるはるちも悪いと思う。
いや、こんなセンスの悪い子に育ててしまった自分が悪いのか。
リトルグリーンメンとポップコーンのキーホルダー。
三つ目とか緑の肌とか気持ち悪いことこの上ない。ポップコーンの意義がわからない。

一生懸命お土産を選ぶ
   ↓
ちっとも喜ばない母の顔
   
を何度も繰り返すうちに、人の為に何かすることに否定的な子になってしまわないか不安。
やっぱり社交辞令の一つも言えない自分が憎らしい。

なんの屈託もなく「ありがとう」と喜べる親になりたい。

posted by みおぴん at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Go east!

震災後、行くことはないだろうと思っていた東京に行った。
都会はあまりの人の多さに気が緩むと涙が出る。
「ちゃんと有ってよかった」と歩きながら泣く。
多分、嬉し涙に近いんだと思う。

東京駅から靖国神社に直行し、その後春日の手話カフェに行く。
静かな空間に賑やかな会話が飛び交う。
隣の席の客と話に花が咲く。
楽しい。
「この後四ツ谷に行くんだよね」
「四ツ谷?春日からだと乗り換えなきゃいけないね。ちょっと歩いて後楽園からなら乗り換えなしで行けるよ。それだと10駅向こうだよ」
「10駅?遠いね」
10駅という情報がガセだった時のクスッと感。

スマホがあれば便利なのかもと思いながら、別に要らないことがよくわかった。
ただ、聞こえない人たちにとっては不可欠な時代であるとは思う。
昔なら、どんなに焦がれても得られなかった情報が簡単に手に入る。
高齢のろう者がテレビ電話で手話で話してるのを見るて技術の進歩に感動した。
それでもどうやっても埋まらない差はあるんだろうけれど。

posted by みおぴん at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする